資格情報

自分の実力を証明してくれる資格は、就職に有利なだけでなく、キャリアアップにも欠かせないものです。授業や講座による100%合格を目指した徹底指導で万全のバックアップを行っています。

アルスの資格取得システム

1. 資格取得を重点においた授業

授業写真

授業の理解が資格取得に向けた第一歩です。基礎をしっかりと身につけます。

2. 補習による確実な理解

授業写真

もし授業だけで理解できなかった場合でも補習が設定されているので安心です。自分の弱点や重点科目を補習により補うことで、確実にステップアップを図ります。

3. 資格対策と直前対策

難易度の高い国家試験などには直前対策をさらに実施するなど万全の体制で試験に臨むことができます。

午前試験免除で毎年高い合格率!

アルスでは国家資格である基本情報技術者試験の午前試験が免除される、IPA情報処理推進機構の基本情報午前免除履修カリキュラムを導入。修了試験をクリアすることで午前試験が免除されます。その後の午後試験に集中し臨めるので、合格率は全国平均の20.6%を大きく超える55.0%となっています。またその後は応用情報技術者試験などの高度な資格を目指して勉強します。

経済産業省認定 基本情報技術者試験

システムエンジニア(SE)・プログラマー(PG)への登竜門といえる試験。知名度・難易度とも高いものですが、情報系の企業を目指す人が合格したい国家試験です。

本校合格率

2年生クラス人数に対する合格率

55.0%(平成30年3月卒業生)

全国専門学校合格率18.8%

深谷第一高等学校 出身

泉 博之

経済産業省認定 応用情報技術者試験

情報システム開発におけるソフトウェア開発技術者として、プログラム設計・プログラム開発を行い、高品質なソフトウェアを開発するための知識・能力が要求される国家試験です。

合格率25.0%

(平成29年度全国専門学校合格率17.7%)

秩父農工科学高等学校 出身

守屋 迅人

詳細はこちら!

保健・医療ビジネスコースの学生が全国表彰されました!

医療秘書教育全国協議会より、成績優秀者として、保健・医療ビジネスコースの該当する2年生及び1年生が表彰されました。

【各賞の紹介】

医療秘書技能検定試験準1級      全国表彰

医事コンピュータ技能認定試験2級   全国表彰

医事コンピュータ技能認定試験3級   全国表彰

医療秘書技能検定試験準1級

医療秘書教育全国協議会主催

医療秘書として必要な実務やマナー、医療関連法規、医学・薬学、医事用語、診療報酬請求事務などの専門的な知識と技術が問われる検定試験です。

滑川総合高等学校 出身

藤本 遥香

医事コンピュータ技能検定試験2級

医療秘書教育全国協議会主催

医療事務及び医事コンピュータについての一般的な知識を有し、医事コンピュータを用いて速やかに正しくレセプト作成する能力を問う検定試験です。医療機関のコンピュータ化が進む現在において必須の検定試験です。

正智深谷高等学校 出身

塚本 安梨沙

医療秘書技能検定試験2級

医療秘書教育全国協議会主催

医療秘書として必要な実務やマナー、医療関連法規、医学・薬学、医事用語、診療報酬請求事務などの専門的な知識と技術が問われる検定試験です。

進修館高等学校 出身

大島 亜美

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)

公益財団法人日本医療保険事務協会主催

診療報酬請求事務に従事する者に必要な医療保険制度や医療関連法規、診療報酬請求事務を正しく行う能力を認定するための試験です。

妻沼高等学校 出身

桜井 明日香